toggle

残寒のご挨拶

2024年2月

残寒の候となりました。
「珈琲のある生活。」をお過ごしですか?
皆さんが初来店の際に、何でゆーあを知ったのかお聞きしたでしょ。
先月末に初来店で、珈琲豆をお求めの淑女にも同じことを聞きました。
いつも取り寄せしている珈琲Shopが、急きょ臨時で休業することになり、
友人におすすめの珈琲Shopがここだと教えてもらったそうです。
少し時間があったので、休業している珈琲Shopについても尋ねてみると、
のっぴきならない事情がありました。
ゆーあの大先輩に当たる二三味珈琲は、全国的に有名で、 ぜひとも行ってみたい珈琲Shopのひとつ。
僕も元旦を過ぎて、二三味珈琲が気になりNetで調べてみたりしました。
珠洲の海岸に建つ舟小屋を改築した二三味珈琲。
現在は屋根も崩れて焙煎機も倒れてしまい、 今は再開の目処すら立たないと淑女から聞きました。
ただ店主が存命で、Shopを再開させる強い気持ちがあるのが大きな希望。
希望を信じて待つ彼女はいっときの珈琲にゆーあの珈琲豆を選びました。
一度、二三味珈琲に足を運んでフリークとなった彼女の話を聞いて、
原田マハの小説に出てきそうな最果ての珈琲Shopにぜひ行きたいっ。
そんな想いがますます募りました。
能登が復興するそれほど遠くない日に、いつか必ず!!…。


<<2024年1月 Monthly Message 2024年3月>>