toggle

Coffee Beans

Coffee Beans

わざわざの「珈琲のある生活。」を楽しみませんか? とっても至福のひと時です。
わざわざお気に入りの珈琲Shopで珈琲豆を求めて、
珈琲を飲むために、わざわざ1杯分の珈琲豆をお好みの粒度に挽いてみて、
わざわざ熱いお湯でゆっくりと抽出して、3分たったら出来上がり。。。
そのわざわざに、ゆーあの珈琲をお選びいただければうれしいです。

○ゆーあブレンド

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
甘味、苦味、香り、コク、酸味-。
当店の珈琲のラインナップはゆーあブレンドを基準にしています。
グァテマラの明るい香りとコロンビアのコク、苦味はブラジル。
特徴のある豆を選んだオリジナリティあるゆーあブレンドです。
試行錯誤を重ねて辿り着いた、ゆーあブレンドはいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●●●○] 香り[●●●●○] コク[●●○○○] 酸味[●●●○○]

Yu-A Blend 200g/940円

○夏衣ブレンド

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
ゆーあで夏期限定のブレンドは”なつごろも”です。
最初に濃厚な甘さを感じるのはコロンビア。
タンザニアのきれいに消えてゆく酸味は後味に感じるでしょう。
純度の高いホット、アイスでは奥行きのある珈琲が楽しめます。
夏色染まるこのごろにゆーあの”なつごろも”はいかがですか?
甘味[●●○○○] 苦味[●●●●○] 香り[●●●●○] コク[●●●●○] 酸味[●●●○○]

Natsu-Goromo Blend 200g/940円

○ブラジル トミオ・フクダ ブルボン

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
ひと口目にビターチョコレートを思わせる香味の珈琲。
きめが細かく濃厚な熟度の高いコクが特徴です。
冷めるたびに顕著に違うコクが楽しめるようフルシティで焙煎。
心地よい苦味が、余韻に残るのはブラジルの珈琲ならでしょう。
口あたり抜群の適度な酸味の珈琲はいかがです?
甘味[●●●●○] 苦味[●●●●○] 香り[●●●●○] コク[●●●○○] 酸味[●●●○○]

Brazil Tomio Fukuda Bourbon 200g/940円

○ブラジル トミオ・フクダ ブルボン ミディアム

焙煎 浅[ ●○○○○ ]深
当店の「アメリカン」で、喫茶にて少し粗目に挽いておもてなし。
団塊世代が、青春を謳歌したころの珈琲のイメージでしょう。
浅煎による爽やかな酸味とブラジル独特の丸みあるコクが絶妙。
朝食や軽食の時におすすめさせてください。
ライトな酸味の残る珈琲を粗挽きで淹れてみませんか?
甘味[●●●○○] 苦味[●●●○○] 香り[●●●●○] コク[●●○○○] 酸味[●●●●○]

Brazil Tomio Fukuda Bourbon Medium 200g/940円

○コロンビア モンテシエラ農協

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
重厚な風味と、まろやかなコクを楽しむならこちらでしょう。
甘い香りのどこかに残る、少なくもキリっとした酸味も好印象。
バランスのあるボディがあるよう、フルシティで焙煎しました。
冷めても一貫して安定した、心地のよい甘味も特徴の一つ。
優等生と言うべきコロンビアの珈琲はいかがですか?
甘味[●●○○○] 苦味[●●●○○] 香り[●●●○○] コク[●●●●●] 酸味[●●●●○]

Colombia Montesierra 200g/880円

○グァテマラ サント・トーマス パチュージ農園

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
きれいで、明るい柑橘系の酸味が特徴のグァテマラの珈琲。
存在感のあるしっかりしたボディでコクと絶妙に調和しています。
フルシティでも、まろやかな甘さが強調しているかのよう。
優雅な香味と残ることのない苦味もお楽しみくださいませ。
余韻のやさしい癒し系の珈琲はいかがですか?
甘味[●●〇○○] 苦味[●●●○○] 香り[●●●●○] コク[●●●○○] 酸味[●●●●○]

Guatemala Finca Santo Tomas Pachuj 200g/940円

○コスタリカ アキアレス農園

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
香りと酸味、ボディのバランスが◎。柑橘系の香りが特徴です。
酸味は丸みがあり、ボディも広がる甘味はフルーティー。
全体的に明るく、ほどほどの苦みを感じるでしょう。
口当たりのさやしい中米の珈琲です。
後味にほんのりナッツの香り漂う珈琲豆はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●○○○] 香り[●●●○○] コク[●●○○○] 酸味[●●●○○]

CostaRica Aquiares 200g/940円

○エチオピア イルガチェフェ G-2

焙煎 浅[ ●●○○○ ]深
エチオピアのイルガチェフェ地方が産地の珈琲豆がモカ。
昔から日本人にお馴染みに親しまれています。
花の香りやピーチ、熟した果物に例えられ、甘い余韻が特徴的。
赤ワインにも似た芳香な香りと酸味も人気の一つです。
珈琲豆の原種で、ボディが特徴的なモカ珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●○○○] 香り[●●●○○] コク[●●●●○] 酸味[●●●○○]

Ethiopia Yirgacheffe G-2 200g/940円

○ホンジュラス クラシック マルカラ SHG

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
まずは、第一印象にたわわに実った柑橘のような甘さを感じます。
柑橘や花に例えるような香りもホンジュラスならでは。
しっかりしたボディで、フレーバーの高さも特徴的です。
少しさわやかな酸味を感じることもできるのではないでしょうか。
甘さがきれいに消えてゆく中米の珈琲はいかがです?
甘味[●●●●○] 苦味[●●○○○] 香り[●●●○○] コク[●●●●○] 酸味[●○○○○]

Honduras Classic Marcala SHG 200g/880円

○インドネシア マンデリン G-1 スペシャルトバコ

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
マンデリンという名で古くから日本人は、深煎りの珈琲を愛飲。
香味はトロピカルフルーツやスパイス、ハーブなどが混在。
たっぷりの丸みあるコクと、穏やかで高純度の苦味を表現すべく、
当店ではフルシティで焙煎しています。
マンデリン特有の大粒の珈琲豆を淹れてみませんか?
甘味[●●●●○] 苦味[●○○○○] 香り[●●●●○] コク[●●●●○] 酸味[●●○○○]

Indonesia Mandheling G-1 Special Tobako 200g/980円

○ケニア AA

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
乾燥したベリー系の甘酸っぱさと香りが特徴です。
クリーンカップは純度が高く、透明感と言うよりも重厚感あり。
甘さは最後にきれいに消えていくのではないでしょうか。
ケニア独特の個性をそのままお楽しみできるフルシティロースト。
欧州から評価の高まったアフリカ大陸の珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●○○○] 香り[●●●●○] コク[●●●●○] 酸味[●●●○○]

Kenya AA 200g/980円

○ブルンジ ブジラ CWS ブルボン

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
厚みのあるマウスフィールはブルンジの珈琲ならでは。
甘味とのバランスが絶秒な深みあるコクの濃厚さが際立ちます。
ブルボン種の爽やかでマスカットのようなフレーバーも特徴的。
強調しないやわらかくやさしい苦味も好評を得るでしょう。
ほのかな香りも広がる厳選したブルンジの珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●●] 苦味[●●●○○] 香り[●●●○○] コク[●●●●○] 酸味[●●○○○]

Burundi Buzira CWS Bourbon 200g/980円

○ニカラグア カサブランカ農園 ベーシック

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
強いボディが特徴で、深煎りにしてチョコレートのような甘い風味。
口当たりがスムーズで、そしてなお洗練された酸味が残ります。
味の透明感があり、全体的に奥行きのある明るいフルシティ。
一貫して心地のよい持続性のある珈琲です。
”火山と湖の国”と呼ばれるニカラグアの珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●○○○] 香り[●●●○○] コク[●●●○○] 酸味[●●●○○]

Nicaragua Finca Casa Blanca Basic 200g/940円

○タンザニア スノートップ AA ブルカ農園

焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
キリマンジャロとして日本人にはお馴染みのタンザニア珈琲。
純度の高い甘さも特徴で、爽やかな酸味が印象に残ります。
少しながらの透明感と、フルーツの香りと丸みのあるコク。
2つのバランスが抜群のキリマンをお楽しみください。
酸味の口当たりが心地よい珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●●○○] 香り[●●○○○] コク[●●●○○] 酸味[●●●●○]

Tanzania Snow-Top AA Burka Estate 200g/980円