toggle

陽春のご挨拶

2024年4月

春陽の候となりました。
「珈琲のある生活。」をお過ごしですか?
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ-
高校時代に、古典で百人一首のテストがありました。
一から丸暗記するのが常套の手段。
百ある最初の一首が『秋の田の』だから、忘れては振り出しに戻っているので、
これだけは今も完璧に覚えているわけです。
先月、一宮市にある和菓子舗の明やさんのお招きで、
『奥の細道と百人一首を語る会』に参加しました。
愛知県カルタ協会の会長が、奥の細道の松尾芭蕉にまつわる裏話や
百人一首のユーモラスな一面を語り尽くす茶話会。
大河ドラマ『光る君へ』の主人公、まひろと道長の歌と時代考証もまじえての
楽しい時間がはじまりました。
古典が赤点だった僕でも面白いっ。
そして会が盛り上がったところでひと休み。
退座して、持参した珈琲豆と器具をセットして淹れた珈琲をご参加のみなさんにおもてなしです。
いつもの場所で淹れていないので不安でしたが、上々の出来。
なんて自画自賛か(笑)。
休憩も盛り上がったところで、見事にカルタ会長へバトンタッチできました。
珈琲をご愛飲しながら語る会長、前半より饒舌になっていませんか?
春の夜に 団子に誘われ 昔の会 我もひとりの歌人となるかな-
百一人一首だったら、最後の1人が僕だとばかりに試みました。
藤原定家さんったら見向きもしない(笑)。
だったら、珈琲を淹れてふり向かせるまでっ↑。。。


<<2024年3月 Monthly Message 2024年5月>>