toggle

秋涼のご挨拶

2019年10月

秋涼の候となりました。
「珈琲のある生活。」をお過ごしですか?
希望と夢を膨らませ、自家焙煎Shopを開業した君に、10年後の現実を伝えよう。
“成功への道をまっしぐら。毎日たくさんの珈琲豆を焙煎している”。
いいや、確かに増えているが、それほどでもない。
少しの量を丁寧に焙煎する毎日だ。
“もちろん、収入はあっという間に2倍、3倍増。
3年後には、結婚10周年。10日ほど休んで、海外豪遊と洒落こむか”。
甘い甘い。
1日臨時のお休み+定休日で1泊2日の旅行がせいぜいだった(苦笑)。
“クルマは配達用のカングーを調達。オフにはフェアレディZを乗り回している”。
それもまたハズレ。今のクルマは、キズをつけることなくキレイに乗っている(大笑)。
つまり君は何かにつけて浅はかだったわけだ。
情けない。。。
でも、その夢と希望は持ち続けて今に至る。
よし、もうすぐ半世紀を生きようとする僕が引き継ごう。
そのとき、“お前もまだ青二才”と背後から聞こえる声の主は10年後の(驚)…。
還暦を直前に迎えた僕の笑顔には、なんと希望と夢に満ち溢れていました(笑)…。

<<2019年9月 Monthly Message 2019年11月>>