toggle
2020-06-04

Diaryなら、そのとおりでない!?…

肉桂と言えば、かんてんを思い浮かべるのが岐阜っ子でしょう。
肉桂でなく、ニッキかんてん。
こんな文字をみると、岐阜って感じがありありです(笑)。
”いいえ、こちらも有名だってば(笑)”とは、「珈琲のある夕暮れ。」にご来店の淑女。
池田町にある肉桂餅本舗 井桁屋の肉桂餅がゆーあに到着しました。
なんでも、ご愛顧のサロンが西濃にあるそうで、行く度に立ち寄るそうです。
立ち寄ってからのゆーあにお立ち寄り。
“シナモンと珈琲は好相性でしょ”。
はい、そのとおりですっ↑。
肉桂でもニッキでも、シナモンだってそのとおり(笑)。

肉桂餅本舗 井桁屋の肉桂餅
肉桂を練り込んだ生地が包んでいるのは、こしあん。今月も餡子月間か(笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です