toggle
2015-06-24

三浦さんはたくさんの珈琲豆をお求めです↑…

三浦さんはゆーあのお客さま。
1カ月に1回のペースでたくさんの珈琲豆をお求めです。
さて、愛妻が「珈琲のある読書。」の淑女に”何を読んでるの?”って聞いて、
ちょうど完読したところでお借りしたのは、こちらも三浦さんの作品でした。
『舟を編む/三浦しをん著』を淑女から愛妻、そして僕へとバトンタッチ。
“あ”、”愛”に”藍”、それから”逢い”でしょ。
まだ、”あ”からはじまる単語はまだまだあるわけじゃん。
辞書の編纂する仕事は途方も長い…。
“あ”からはじまって”ん”でお開きのストーリーに登場する人物は、
人柄の良さと抱いている夢の純粋がまぶしすぎました(笑)。
果たして彼女から、これからも推薦図書があるのでしょうか。
読め読め、文庫本↑。

「珈琲&文庫本のある水曜日。」のはじまり、はじまりー(笑)。「珈琲&文庫本のある水曜日。」のはじまり、はじまりー(笑)。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です