toggle
2016-10-19

2年連続トリプルスリーは山田くんでも…

岐阜出身の作家シリーズです。
『追想五断章/米澤穂積著』を完読しました。
トリプルスリーとは、打率に本塁打、そして盗塁のこと。
トリプル1位は米澤穂積のしん真骨頂の小説でした(笑)。
バブル時代を過ぎた1990年代-。
大学を休学して、伯父の古書店に居候する芳光は、ある女性からの依頼を受ける。
その依頼とは、父親が書いた5つの「結末のない小説」を探してほしい…。
小説が全部そろったとき、結末を見い出すことができるのでしょうか。
僕の20年代が時代背景です。
まだつい最近のことのように思い出しますが、本編ではセピア色に染まった感じ。
“アントワープの銃声”って事件簿はなんだか昭和初期のイメージでした。
「珈琲のある読書。」で信州の田舎まちの風情ある小さなお祭りも楽しみました。

柳田くんには来シーズン、1年ぶりのトリプルスリーを達成してほしい…。柳田くんには来シーズン、1年ぶりのトリプルスリーを達成してほしい…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です