toggle
2016-11-19

黒木くんの”やっぱ分かんねえ”…

“何も言えねえ”は、北島浩介くんでしょ。
さて、黒木くんの”やっぱ分かんねえ”は?…。
「珈琲のある週末。」の紳士からお借りした文庫本です。
『雲の王/川端裕人著』を完読しました。
ヒロインは気象台に勤務する美晴です。
“晴れ”なのに、「雲の一族」だったのでしょうか。
夏-。入道雲ならわかります。
でも台風だったら真逆じゃないですか。
天候を予報するでなく予測できる能力のある彼女とその息子、楓太。
それは、データを重視する黒木くんには到底理解できないでしょう。
自然とのかかわりを見つめなおす長編小説です。
『2016 やないづふれあいフェスティバル』は、雨天のため順延に。
不思議な力で、明日に回避したのかもしれません。
そうなのか?…。
うーん、”やっぱ分かんねえ”。
分かっているのは「読書の秋」のど真ん中。
つづけて、「珈琲のある読書。」を過ごしましょう↑。

やないづふれあいフェスティバル開催の”あしたはてんきになぁれ"↑…。やないづふれあいフェスティバル開催の”あしたはてんきになぁれ”↑…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です