toggle
2022-10-19

高校を卒業したばかりの若者に…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『逆島断雄 本土最終防衛決戦編/石田衣良著』-。
舞台は、近未来の日本でしょうか。
まわりの国は敵だらけ。
もはや、戦争するしかありません。
高校2年生で強制的に卒業させられた逆島断雄が主人公。
ほか、敵の大軍を迎え撃つのは7人の若者でした。
親友であり恋人であり、そして好敵手であり…。
彼らは本土決戦に向けて、毎日の訓練の中で芽生えるのはなにか。
葛藤しながらも、決戦兵器”須佐乃男”に搭乗して戦う人物になるべく頑張るのみ。
チームワークが求められる先鋭のメンバー。
最大の敵が九州に結集するまでの物語です。
青春アクション・エンタメですが、こんな時代背景に青春を過ごしたくはない…。
次はいよいよ、本土決戦です。
若者のミラクルは奥義が百万も超える部隊を迎え討てるのか。

逆島断雄 本土最終防衛決戦編/石田衣良著
ひと眠りしましょうか。えっ、起きたら70代だったらたまりません…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です