toggle
2014-01-24

馴染みの漬けものなのに岐阜でない…

珈琲豆をお求めがてら、いつもゆーあで「珈琲のある休息。」をお過ごしのマダム。
彼女と愛妻で、よく話題になるのがグルメでしょ、グルメでしょ。それからファッションで、グルメです。
本日、「珈琲のある昼下がり。」のご来店には、ジビエ料理の話題が始まりでした。
それから『ミセス』に掲載のファッションに映画など…。
最高潮のときにはなぜか漬けもので盛り上がっています。
話が尽きず、そしてそして…のときに、”あらまやだ、もうこんな時間”とお開きでした。
さて夕暮れ遅くに、電話を鳴らすは先ほどのマダム。
“まだ大丈夫? 友人にプレゼントでゆーあブレンドとグァテマラのラッピングお願いします”。
お約束どおりに10分後にゆーあに到着。
あれっ、昼にはなかったものをご持参です。
“お2人とも好きだと聞いたら、私もほしくなっちゃって(笑)。これどうぞ”と奈良漬け。
しかも、愛妻が少しのどがいがいがすると言っていたことを覚えてくださって、
生姜奈良漬まであるじゃないですか。
お断りはしたものの、”いいのいいの、ついでだったから”とは、お言葉に甘えざる負えません。
これからのしばらく夕餉の〆は、さらさらとお茶漬けを頂戴します。ご馳走さまでした&感謝。。。

名古屋名産の奈良漬を岐阜の我が家で頂戴します。さらさら…。名古屋名産の奈良漬を岐阜の我が家で頂戴します。さらさら…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です