toggle
2014-03-27

雨の休日に、紳士と「デセールのあるおやつどき。」…

週末にメールを受信。送信の主は、ゆーあで「珈琲のある休息。」の紳士でした。
“今度の水曜に、よろしければ渡仏しませんか?”。
なるほど、愛妻を連れて喜んで行きましょう。
決して渡仏ではありません。彼がひいきにしている大垣のギャルリへのご誘いです。
『フランス菓子 ギャルリ・シュシュ・アー』は、ケーキはテイクアウトのほかに、カフェスペースでのんびり。
今回は、後者ののんびり時間を3人で過ごす約束でした。もちろん約束の時間は3時ちょうど。
カフェスペースでシェフのもてなす皿盛の出来立てスイーツは、『デセール』と呼びます。
僕は本日のおすすめ”オムレット”を選択。
紳士曰く「カウンター席が特等席だからね」↑。
カウンターの向うでデセール出来上がるさまが一目できます。
シェフはじろじろ見られていることに臆することなく、手際よく繊細に盛付けていました。
紳士の言うとおり、そこは特等席。
4人の会話も弾んだ至福のおやつどきでした。
肝心のデセールで僕の選んだ『オムレット』はどうでしたかって?
そこのところは言うまでもないでしょう。
さて、ギャルリ・シュシュ・アーは大垣インター北近く。
僕は迷うことなく着きましたが、ホント簡単な道のりなのに分かりずらいと言われるそうです。
そこのところはゆーあと同じ。
でも到着すれば素敵な「デセールのある休息。」や、おうちに持ち帰りで「フランス菓子のある生活。」が過ごせます。
おっと、こちらにも到着すれば「珈琲のある休息。」や、おうちに持ち帰りで「珈琲のある生活。」が過ごせるでしょう。
そこのところもゆーあと同じ…かな(笑)。

僕だけのオムレットではありません。愛妻にほんの少し、彼女のデセールはほんの少し僕に↑。僕のオムレットではありません。愛妻へ少し&彼女のデセールは少し僕におすそ分け↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です