toggle
2016-05-11

過去へとスライド登板!?…

「珈琲のある黄金週間。」にご来店の馴染みの紳士。
“ありがとうございました”とお貸しした数冊の文庫本を持参でした。
それから”これ、もうお読みですか?”。
これとは新聞広告に出ていた気になる小説。
予定していた文庫本を後回しにして、スライドして読もうじゃありませんか。
『コーヒーが冷めないうちに/川口俊和著』-。
フニクラフニクラという喫茶店にはヘンテコな席がひとつあります。
「そこに座れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」…。
はい、ほんとうです。
やったーっと思いきや、それにはいくつもの約束があって難題。
しかも、未来を変えることはできません。
と言いながら登場する4人の女性は未来を変えてしまった!?…。
“コーヒーが冷めないうちに”。
こちらは、フニクラフニクラではありませんが、珈琲は冷めないうちにどうぞ。
さもなければ、現在に戻ってこられないだけではないのかもしれません(笑)。
さて、本題にはつづきがあるのでしょう。
なかなか席を譲らない白いワンピースを着た女の子の正体が気になります。
そして彼女の読んでいる小説がもっと気になって仕方ありません。
「珈琲のある読書。」。
スライドの小説は大歓迎も、次は順番どおりに進めましょう。

ゆーあでは冷めた珈琲でもお楽しみいただけます(笑)↑。ゆーあでは冷めた珈琲でもお楽しみいただけます(笑)↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です