toggle
2022-04-11

貸し借りは珈琲一杯で…

定年のない人生を選びました。
なのでカウントダウンする必要はありません…。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よろりお借りした文庫本です。
『悪の包囲 ラストライン5/堂場瞬一著』-。
犯罪に対する異様な記憶力を持つ岩倉が研究材料と対象として追いかけまわされる。
彼を執拗に追うのはサイバー犯罪対策課の福沢。
しかし、福沢は事件に巻き込まれ、謎の死を遂げてしまいます。
容疑者の一人に挙がったのは事件の直前に福沢と小競り合いを演じた岩倉。
岩倉は捜査本部から外されるが、遊軍として独自に動き出す。
単独の捜査。
でも、彼を慕う面々がなにかと助け、真相が明らかとなる?
事件の背後には謎の武器密売組織METOの存在が浮上。
定年まであと6年となった岩倉にまだ試練が生まれてしまった(苦笑)。
またしても、違うシリーズの人物が登場。
みーんな貸し借りありですが、お昼や夜ごはんのおごりあいで決着しようとする。
まぁ、珈琲一杯では足りないか…。

悪の包囲 ラストライン5/堂場瞬一著
だんだん岩倉の歳に近づきました。事件性はありませんが課題が山積みです(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。