toggle
2021-10-09

警視庁の方からって職業は!?…

おっ、連続ドラマ化になるのか。
いや、もうはじまってのかもしれません。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『死神さん/大倉崇裕著』-。
無罪判決が出て、もうこれ以上は裁判のやり直しがなくなれば一件落着か。
違うでしょ。
一人勝ちは決して許されません。
無罪判決を再び調べるのが職務の警部補、儀藤堅忍が主人公です。
警察の失態をほじくり返す職務なので、当然事件担当者はたまりません。
しかも、捜査には必ず儀藤の相棒刑事としてだれか一人指名される。
選ばれた者は出世に道が亡きに等しい。
さぁ、今回の無罪判決で死神の相棒となるのは!?…。
一人勝ちとは罪を逃れた者です。
断じて許されない犯罪者を執念と型破りな捜査がはじまりました。
相棒は徐々に心を動かされますが、どちらの方向に動かされるやら。
さて、ドラマで儀藤堅忍を演じるのは田中圭です。
うーん、僕のイメージとは違う。
でも彼の演技力なら、まさにそのイメージと言わしめるかもしれません。

死神さん/大倉崇裕著
田中さん、その笑顔は儀藤にはありません。ぜひとも真相に迫ってくださいっ…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です