toggle
2019-08-21

“読書の秋”でなく!?…

文化にスポーツ…。
そして、読書もそう。
それは、”の秋”の前。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読しました。
『蛮政の秋/堂場瞬一著』-。
誤報を流した新聞記者が挽回を狙う。
でも、もう二度を大失態は許されない。
IT企業が不正献金をしていたというタレコミは本当なのか。
彼が暴いた真相は 政界を揺るがす大事件。
スクープをどのように扱うのかが見ものです。
巨大なものに立ち向かう勇気があるのか。
秋を迎える前に、”読書の夏”でした。
ピコンっ。
一通のメールを受信しました。
“百万円を発送しました。こちらをクリックしてください”。
また来たか。
こちらは完全なる誤報です。
確認することなく、即削除(笑)。

政界だけでなく、新聞業界も揺るがす事件が秘密裏にあった(驚)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です