toggle
2016-02-20

色男ぶりは谷原くん以上(笑)↑…

「珈琲のある談笑。」で、桶狭間の戦いに至る前を懇々と語る青年実業家…。
“貸しましょうか?”の返事は”ぜひ”でしょう。
決して、”是非に及ばず”ではありません。
ということで、桶狭間戦記の全巻を完読です。
久しぶりの漫画↑。
ところで皆さんは今川義元ってどんなイメージですか。
僕には三英傑が主人公で、脇役では必要不可欠な人物。
そして、桶狭間の戦いでは勝つのが当たり前だったのに、
“一生の不覚”というにぴったりな敗戦をいつもドラマで描いています。
ところが、本篇の義元は美しい。
しかも先手を読む力が長けているではありませんか。
大河ドラマで今川義元演じる俳優の中では、谷原章介がNo.1の色男。
彼をかなり上回る今川義元を楽しみました。
センゴク列伝の連載はまだつづいているらしく、
今は豊臣秀吉と黒田官兵衛の間柄が怪しくなっているそうです。
“単行本になって、僕が読んだ後に貸しますよ”と実業家。
また歴史ものの漫画を読みふけることとなるのでしょう↑。

「珈琲と漫画のある休息。」で今川義元と織田信長の美しき戦いを堪能です。「珈琲と漫画のある休息。」で今川義元と織田信長の美しき戦いを堪能です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です