toggle
2021-07-24

舞台は東京、神奈川でなく…

「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『ピットフォール/堂場瞬一著』-。
東京や神奈川が舞台ではありません。
ましてや、日本国内ではないことに驚きでしょう。
著者初となるニューヨークを舞台にした作品を完読です。
時代は1955年-。
元刑事で探偵のジョーは、役者志望の女性の行方を追ってほしいとの依頼を受ける。
その矢先、探偵仲間のウィリーが殺されたとの衝撃的な知らせが。。。
残忍な手口は、女性の命ばかりを狙う連続事件と同じでした。
2つの事件に関係があるのか…。
解決は闇のままです。
闇のままにしたのは、ジョー。
なるほど、舞台が変わってハードボイルドな完結でした。

ピットフォール/堂場瞬一著
ダークなイメージを感じさせないジョー。しかし彼はハードボイルドを貫く?…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です