toggle
2021-09-08

聞いたことがあると思ったら…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『百舌の叫ぶ夜/逢坂剛』-。
いよいよ、百舌のシリーズがはじまりました。
能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男。
彼は妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。
東京新宿では倉木尚武警部の妻が巻き添えになる爆破事件が発生。
豊明興行のテロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希刑事は…。
複雑に入り組んだ人間関係の中で巻き起こる宿命の対決がそこまで迫ります。
背後に隠された恐るべき陰謀とは何か。。。
迫真のサスペンスでした。
ポーカーフェイスの公安刑事と直情怪行型の捜査第一課刑事はタッグを組むのか。
それぞれの職を放棄をしてまでも真相に迫ろうとする骨太ものでした。

百舌の叫ぶ夜/逢坂剛
深町秋生から逢坂剛へ。かなりディープな「珈琲のある読書。」を過ごしています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です