toggle
2020-01-14

第二のふるさと自慢は何でしょう!?…

年末年始に三重県の熊野へ帰省していた青年が、「珈琲のある朝。」にご来店。
“小粒ですが、甘くてジューシーですよ(笑)”。
お土産に庭で自生しているというみかんを頂戴しました。
ひと口ぱくりっで、そのとおりっ。
5分も経たないうちに全部、お腹へと歓迎する勢いです(笑)。
ずーっと、このみかんですくすくと育ったのでしょう。
ふるさとでみかんをほおばっていると、もう岐阜には戻りたくなくなる?
“いえいえ、岐阜もいいところ。第二のふるさとです”。
第一のふるさと自慢。
ぱくっともうひと口入れたところで、「珈琲のあるおもてなし。」を再開しましょ。

熊野のみかん
手持ち無沙汰だと、ついついみかんを手に持つのは僕だけではないハズ(笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です