toggle
2021-05-07

笠松にいながら中米からアジアへ…

エルサルバドルの珈琲生豆が若干残っていました。
2つ店頭に並べる予定でしたが、1つご要望のお客さま。
連休明けの「珈琲のある休息。」は、中米の珈琲で過ごします。
で、中旬からはマンデリンを楽しみたいとも言っていました。
そろそろ、水出し珈琲を淹れてもいいっ。
マンデリンの水出し珈琲は特徴的で、きっと彼のお気に入りとなるでしょう。
マンデリンはインドネシアの珈琲。
エルサルバドルからインドネシアの珈琲豆へ。
その次はアフリカの珈琲豆をお選びなのかもしれません(笑)。

中米の珈琲で休息です。しばらくエルサルバドルの珈琲とはお別れか…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です