toggle
2019-02-03

笑顔の前の赤鬼か!?…

「珈琲のある節分。」に中日春秋-。
“ナマハゲに対しても子どもをおびえさせるのは、
いかがなものかとの意見があると聞いた”。
なんと、やさしいナマハゲであっていいものか。
そんな意見が通ったら、
無形文化遺産に選ばれた伝統行事が一新されてしまうではないか…。
だったら条件がある。
クリスマスは、サンタクロースも怒りながらプレゼントを贈る行事にすればいい。
“わるいこはいねかー”。
ナマハゲは子どもをおびえさせてなんぼです。
節分の鬼も然りっ↑。
なんていいながら、ゆーあの鬼は「珈琲のある休息。」で笑顔です。

怒った赤鬼。でも、「珈琲のある休息。」のときはすっかり笑顔ですっ↑。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です