toggle
2021-09-11

確かにあきらめたこと多々あり!?…

「珈琲のある読書。」に愛妻が取り寄せた『ヨシダナギの拾われる力』。
結構、著者は”こんな私にだったらだれにでもなれる”って感じで、
自身を自虐的に描いていていますが、ありえない。
だれでもそこそこ売れる本なんて発行できません(笑)。
なんで、フォトグラファーになったのか。
なんでよくメディアに登場できるようになったのだろう。
決して彼女を真似しないでください(笑)。
人生の中であきらめることも大事。
あきらめないことも大事です。
でも、彼女の生き方にかなりの勇気はもらいましたぁ。

ヨシダナギの拾われる力
なぜかビジネス本のジャンルに陳列されていることがあるらしい(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です