toggle
2017-11-08

瞬間接着剤のようにすぐというわけでは…

『アルファルファ作戦/筒井康隆著』を完読しました。
瞬間接着剤ではありません。
なので、ゆるりの頁をめくりました…。
著者の初期傑作集。
タイトルの「アルファルファ作戦」は、今の社会問題を風刺しています。
もう40年も前から提起しているのに何ら、是正できないことに思い知らされました。
「一万二千粒の錠剤」-。
みんな目の色を変えて近づくことでしょう。
そうなることは予想できたのに、なぜ知られてしまったのか。
その一粒が僕の手元にあります。
皆さんは、僕とどのような接し方をしますか?
普段と変わらず、「珈琲のある休息。」にお越しくださいませ(笑)。
読書の秋と言いますが、相も変わらず遅めの「珈琲のある読書。」を過ごします。

寝転んで読んでいたせいか、そんの少し腰が痛い…。寝転んで読んでいたせいか、そんの少し腰が痛い…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です