toggle
2021-11-17

登場人物を確認しながら…

お久しぶり(笑)。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『ロマノフ王朝の秘宝を奪え!/クライブ・カッスラー著』-。
ファーゴ財団のトレジャーハンター、ファーゴ夫妻が世界をめぐる。
第二次世界大戦後にナチスの残党がヨーロッパから脱出する際に使用するルートで、
セルマ調査主任の親戚にあたる兄弟が行方不明に…。
謎の勢力からの妨害を受けながらも、2人を救出することに成功した。
さらに兄弟が調べていたナチスの墜落機にあった暗号の書かれた手紙と地図を入手。
“ロマノフの身代”とは何か。
ドイツの実業家とロシアの狼衛隊、そしてトレジャーハンターの三つ巴。
ロシアにポーランド、そしてドイツとめぐって最終の地はどこでしょう。
歴史の謎に挑むアドベンチャーは熱く、暑い。。。

ロマノフ王朝の秘宝を奪え!/クライブ・カッスラー著
これより「珈琲のある読書。」にクライブ・カッスラー著の小説が頻度が高まる!?…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です