toggle
2020-04-07

発信はSNSで継続していると信じたい…

開業前に参考すべきとお気に入りに登録していた自家焙煎Shopのホームページ。
久しぶりに閲覧してみたところ、2割弱が閉鎖していました。
閉店したのか、はたまたSNSへ移行したのか。
ひたすらに”さて焙煎です。”。でも、そこに踏み止まっているだけではいけない。
そもそも、なぜ数年ぶりに閲覧したのか。
ついに緊急事態宣言が出てしまいました。
そのエリアの自家焙煎Shopの対応はどうなのか知るためです。
通常どおりの営業、短縮営業、喫茶はお休みで、挽き売りとテイクアウトのみ。
自粛の期間は、1週間であったり、宣言の解除に準じたりとか。
それぞれ、お客さまやスタッフの安心、安全を第一に考えたベストな方針です。
それらを参考にして、ゆーあも最善の方法を選ばなくてはなりません。
でも、そのときが来ないことを望みますっ。
「珈琲のある休息。」に愛妻手作りのケーキ。
踏み止まらず、進化しながらおもてなし継続したい。

喫茶の客足がいつもより、遠のいています。これはお客さまのベストな判断でしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です