toggle
2020-03-23

甘い苦いがあるのは珈琲に同じっ↑…

珈琲豆を求めて馴染みの淑女がご来店。
“こんな相棒はいかがかしら?”って、
頂戴したのはオレンジピールのホワイトチョコレートかけです。
お菓子教室を主宰するお母さん手作りのもの。
甘い、そして甘いの後にちょっぴりほろ苦い。
お・と・なのお菓子。
おこちゃまにはわかるまい。
おこちゃまなおとなお菓子です。
しつこいと言われそうですが、なので僕は立派な”お・と・な”か?…
そしてオレンジピールのホワイトチョコレートかけは、
淑女ご愛飲のブラジルの珈琲にもグッドパートナーでしょうっ↑。

“お・と・な”な「珈琲のあるおやつどき。」でした。感謝。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です