toggle
2017-07-08

理科と工作の後は「珈琲のあるIce休息。」…

月曜日は、国・理・体・数・美の順番かー。
それは、小学校の授業です。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読しました。
『アキラとあきら/池井戸潤著』-。
なんと、明日の夜よりTVでドラマがはじまります。
有料の放送なので鑑賞できませんが、なぜか間に合いました?…。
育ちも生まれも、境遇が異なる瑛と彬。
彼らが出会ったとき、大きな試練が降りかかる。
バブルの時代にルーキーの社会人になる2人。
僕とほぼ同じ年代じゃないですか…。
先を読む力、乗り越える力は、彼らには遠く及びません。
しかし、珈琲Shopの主の眼には光るものがあった。
見つめる先は、Ice珈琲です(笑)。
ドラマは理と工のW主演。
放送を楽しみにしている友人に、あらすじを教えたくて仕方ありません。
”話すんだったら、来ないから”って言うのだから、黙っておきましょう…。

こちらも意外や、最速で「Ice珈琲のある読書。」で完読です(驚)…。こちらも意外や、最速で「Ice珈琲のある読書。」で完読です(驚)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です