toggle
2017-02-04

珈琲党のマニュアルは…

「珈琲のある週末。」の紳士にお借りした小説を参考にして政界へと進出するか!?…。
『アイドル新党/原宏一著』を完読です。
元ヤンキーだったグラビアアイドルのマキちゃん。
そこそこの人気ではこれから先の芸能活動も不安でしょう。
社長からの行き当たりばったりな提案でその不安を解消か。
まずは出身地の市議会議員に立候補。
ここを土台にしてトップへと駆け登るハズが、とんだことで挫折します。
でもそのとんだこととは、よくある政界のグレーゾーンでした。
高校中退という学歴の彼女の支持者はマジョ!?…。
市議会議員選挙からやがてすぐに国政へと向ける。
今回ばかりは1人ではありません。
アイドル新党立ち上げだーっ!!…。
なるほど、マニュアル本は1冊のみでOK。
これで簡単に総理大臣になれたりするのかもしれない!?
でも彼女のように、みんなの心を打たせるボタンを弾かせる大きな胸もなく、
ましてやストレートでわかりやすい言動もありません(笑)。
マキちゃんや彼女の支持者、そして芸能事務所の社長に振りまわされたマネージャー。
これから先も彼の手腕にかかっているっ!!…。
本題の珈琲党のマニュアルは何もなし。
あるとするならば、ゆーあでご来店くださいませ。
なおかつ、政界に進出するなら「珈琲のある休息。」で『アイドル新党』を熟読すべしっ!!

次なる読書家にバトンタッチ。しかしながら彼も政界に進出する気はありません(笑)。次なる読書家にバトンタッチ。しかしながら彼も政界に進出する気はありません…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です