toggle
2021-01-16

珈琲も該当しなくはない!?…

「珈琲のある週末。」の紳士よりお借りした文庫本です。
『みをつくし料理帖 想い雲/髙田郁著』-。
饂飩に梅、饅頭もそうか。
それは、”う”のつく料理。
もうおわかりでしょう。
土用の入りの料理です。
敢えて、避けましたが”う”のつく土用の入りにうってつけなのは鰻。
つる家のもてなす料理に、暑気払いの献立は何でしょう。
“うっ、こいつはいけねぇよぅ”とはかめ家の店主。
箸が止まらないから、いけねぇってことです。
ところが、各章には別のいけねぇことも勃発。
すべてまーるくおさまってくれるとよい。
あー、お腹が空きました。
季節は違いますが、「う」尽くしをいっぱいお腹へと歓迎したい(笑)。

みをつくし料理帖 想い雲/髙田郁著
う、う、う。そうだ、こうひいがある…。強引ですが、「う」尽くしにいかがですか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です