toggle
2014-04-26

珈琲は嗜好なものですから…

「珈琲のある朝。」の紳士が、珈琲豆の粉をご持参でした。
“畑仕事しとったら近所のおばさんに、よかったらコーヒーどうぞって言われて、およばれしたんだわ”。
そこのマダムは、”だれが何と言おうと珈琲はキリマンジャロに決まっとる!”ということです。
興味ありありの紳士が、”そこまで惚れこんだコーヒーなら”ってことでゆーあに到着した次第。
では、いつもどおりにペーパードリップで抽出して試飲をしましょう。
いかがでしたか?ってノーコメント。
珈琲は嗜好の代表であり、お気に入りは千差万別でしょ?
マダムの概念は変わることはありません。
“昔から珈琲はキリマンジャロに決まっとる!”の志で本日も「珈琲のある生活。」を過ごしていることでしょう。
ちなみに、紳士が”ぜひわしの気に入っている珈琲ショップへ”とお誘いしても、
“あそこのキリマンでえぇって”と頑なだそう。
でもいつか「珈琲のある休息。」にお越しくださいませ。
帰りにゆーあで”さて焙煎です。”のキリマンジャロをお求めならば最高です。

本日最初の"さて焙煎です。"は、タンザニア ウル農園AAでした。本日最初の”さて焙煎です。”は、タンザニア ウル農園AAでした。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です