toggle
2014-05-02

珈琲はゆーあにありっ!!

本能寺の変が真夏の昼間だったら、”Ice珈琲はゆーあにありっ!!”かもしれません。
もしそうだとすれば、今やこの世は織田が天下…?
ゆーあの喫茶で「珈琲のある読書。」のマダムからお借りした小説を完読しました。
天主信長 (裏) 天を望むなかれ/上田秀人著-。
黒田官衛兵の目線で織田信長を見る展開で、本能寺の変より数日後までの物語です。
今の大河ドラマであれば6月いっぱいくらいまででしょうか。
改めて、”敵は本能寺にありっ!!”。
意外や、ここでは織田くんの命令で明智くんが発した号令です。
明智くんはやっぱり、ちょっくら岐阜に立ち寄り「珈琲のある夜。」を過ごすべきでした。
さて僕の「文字を読む消灯前。」はつづきます。
戦国時代から現代へタイムスリップ。
ひょんなことで経理から編集長へと抜擢された女の子のストーリーがお待ちかね。。。

裏があるということは当然、表もあるわけで再び戦国時代にタイムスリップ!?裏があるということは当然、表もあるわけで再び戦国時代にタイムスリップ!?


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です