toggle
2020-05-21

焙煎中のアリアでなく…

G線上のアンディではありません。
焙煎中のアンディです。
久しぶりにBRUTUSを取り寄せました。
表紙は愛犬とピアノに向かう15歳のグレン・クールド。
特集は『クラシック音楽をはじめよう』です。
僕は15歳のころ、自家焙煎Shopの店主を夢みていたのか!?…。
だとすれば、愛猫のりきまるとトキジロウと焙煎機を囲んでいる写真があるはず。
ないってことは、違う夢をみていたってことか(苦笑)。
今まで、楽器を習ったことはありません。
なので、音楽は奏でるのでなく聴くばかりなり。
でも、BRUTUSをめくってクラシック音楽を目と耳で楽しもう。
でもその前に”さて焙煎です。”でしたぁ。

BRUTUS最新号
流れているのはクラシック。やはりショパンはいい。ってシューベルトでしたか(苦笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です