toggle
2018-03-04

消印有効ばかりであっても↑…

ダンボールアートの紳士が「珈琲のある休息。」にお越しです。
次なる作品は何でしょう。
それは、ご持参の額縁でした(笑)。
ダンボールの額縁に飾られたのは切手。
少年時代、彼の趣味は切手の収集を聞きました。
そのお披露目です。
どれも消印有効なのですが、それでも貴重なものが数枚…。
皆さん、どれだかわかりますか?…。
近々、イベントで展示の作品。
でもその前に、ゆーあで少し飾りましょう。

ダンボールアートの紳士は、少年時代切手の収集家だったと判明っ。ダンボールアートの紳士は、少年時代切手の収集家だったと判明っ。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です