toggle
2017-04-11

柿の葉ずしのあるお昼どきは…

岐阜県民の僕にとって、奈良県は親しみを感じます。
なぜかって!?…。
奈良の大仏に似ているからではありません(笑)。
答えは海のない県だから。
それでもお互い工夫して海の幸を堪能する食文化が発達しました。
岐阜は朴葉ずし。
奈良も同じでしょ?…。
いいえ、柿の葉ずしっ↑。
富有柿のある岐阜の専売特許ではありません。
ようやく、ようやくその柿の葉ずしをお迎えするときがやって来ました。
鮭と鯖のふたつあり。
最初の柿の葉を広げれば、鮭でした。
うーん、絶妙でーすっ↑。
おっと、親指にごはん粒がひとつ。
おやつどきまで取り置きしとくか。
そこまで待てぬ。ぺろりっ。
新薬師寺 修二会で”奈良にGo!”のご夫婦より、お福分けです。
お茶を相棒に海のない古都の郷土料理を満喫でした。
感謝。。。

いつか、柿の葉ずしを持参で桜見しましょ。もちろん、アフターランチはゆーあブレンド(笑)…。柿の葉ずしを持参で桜見しましょ。もちろん、ランチの後はゆーあブレンド(笑)…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です