toggle
2018-09-08

果たして彼女は天才的な女優だったのか…

コンビニエンスストアに行く機会は…。
税金の納付くらいしかありません。
でも、年に何回かは行くってこと。
さすがに深夜には行かないかな(笑)。
コンビニで立ち読みしたわけではありません。
『ストレンジ・デイズ/村上龍著』を完読しました。
ノイローゼ気味の反町は、コンビニエンスストアでジュンコに出会う。
これは運命的な出会いなのか。
ジュンコの職業はトラックのドライバー。
そんな彼女に反町は、女優としての才能を見い出す。
女優への道は、果てしなく遠い。
彼らの得たもの失ったものは何なのだろう。
得たもの、失ったもののどちらが大きかったのか…。
1960年代から70年代にかけてのヒット曲は、結局何も語りかけてはくれない?
文庫本を持参でご来店の淑女。
彼女こそ、女優の才能があるのだろう(笑)。

僕にとってサナダ虫は、紛れもなく広之くんです。貴一くんの友だち(笑)。僕にとってサナダ虫は、紛れもなく広之くんです。貴一くんの友だち(笑)。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です