toggle
2015-04-06

昭和の時代ですが、さすがに○×までは…

僕の小学時代は、昭和50年の半ばです。
音はプーーン、プーーン。コンコンコンコン、プーン、プーンと聞こえるくらいで静かなもの。
ビデオゲームと言えば、ブロック崩しでしょ。
どちらかと言えば、外で遊ぶのが主流でありました。
そしてお正月の音と言えば、コーン、カーン、コーン…。
お年玉で新しいゲームのソフトをゲットしたの!?
いいえ、小さな庭からこだまするのは羽子板の音でした。
名古屋のおばあちゃんところへ出かける前に姉と妹と遊びます。
よそ行きの洋服を着るのはその後。
なのでどんだけ転んでもへっちゃらです。
僕にはつい最近のことだと思うのに、なんとなくノスタルジック…。
コーン、カーン、コーン、あらら。
羽根を落としたら、ほっぺたに墨汁で○とか×を描きましょうかって、
それはもっと昔のことじゃないかしら。
さてさて、ゆーあにタンザニアの珈琲豆が到着しました。
36歳(?)と僕よりも若いのに、どこぞで羽子板で遊んだのでしょう。

何だ、この黒!? ということでゆーあのキリマンは再びブルカ AAです↑。何だ、この黒!? ということでゆーあのキリマンは再びブルカ AAです↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です