toggle
2016-11-08

日本語なら果実の水飴でしょうか!?…

コンフィチュールです。
翌日の「珈琲のある朝。」に頂戴しましょ。
もちろん、こんがりきつね色のトーストに塗ってに決まっているじゃないですか(笑)。
ところで、コンフィチュールとジャムの違いってご存知?…。
ボンジュールとハロー、ムッシュにジェントルマンと同じでした。
つまり、ジャムを仏語でコンフィチュールと言います。
これって常識なの?
僕にとっては今以降、常識です。
「こんにちは」に「紳士」。
ジャムは日本語で何と言うかって、果実の水飴ではないでしょうか。
こちらは、常識ではありませーん。
ところでアールグレイのコンフィチュール。
きっとモカやマンデリンもあるのでしょう。

もちろん、紅茶のコンフィチュールを塗ったトーストの相棒は珈琲です↑…。もちろん、紅茶のコンフィチュールを塗ったトーストの相棒は珈琲です↑…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です