toggle
2020-01-25

日曜の午後でなくても大歓迎…

まさに、コーヒーショップで読んでいます(笑)。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本です。
『休日はコーヒーショップで謎解きを/ロバート・ロプレスティ著』-。
9つの短編集ですが、舞台はコーヒーショップではありません。
ピザショップや事務所、オフィス街など。
コーヒーショップにいながらにして、ハードボイルド的な謎解きを楽しみました。
完璧なまでの仕事人が、あるところで躓きました。
それは想定内のこと。
しかし今回は、想定外なことがつづきにつづいて失態の方向へ向いていく。
どこで間違えたのか…。
シリーズには、『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』ってのもあります。
こちらも日曜の午後でなく、ウイークデーで。
お茶でなくて、珈琲でもいいでしょう。
皆さまも、ざひゆーあで謎解きをっ↑。

休日はコーヒーショップで謎解きを/ロバート・ロプレスティ著
表紙には珈琲でなくボトル瓶が。それじゃ、眠ってしまう。やっぱり珈琲でしょ↑。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です