toggle
2019-03-16

探偵業でも前借りか…

“俺もさー、昔は悪ガキでね”なんて、回顧して話したことがあるのか。
しかし、僕には語ってくれたことはありません(笑)。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読です。
決して、彼は不良少年ではなかったのでしょう。
『不良少女/樋口有介著』-。
主人公で、フリーライターの柚木草平です。
でも今回に限っては、アルバイトの探偵業から物語がはじまる。
でも、金欠なのはそのまま(笑)…。
飲み屋で意気投合した美女に、つきあいのある美女の従姪、
そして金髪の美少女と”美”にふり回されます。
でも、このルポを月刊EYESに投稿すれば、大金が手に入るかも…。
まっ、”美”にも”豊”にも恵まれないところが、
柚木草平のハードボイルドなのでしょう。

逆に言えば、”美”、”豊”にかなり恵まれている柚木草平です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です