toggle
2016-03-03

持ち込みってパンのことではなく…

明朝の”さて焙煎です。”の準備は万端でしょ。
レギュラーの珈琲生豆が先で、ラストが紳士が持ち込みのタンザニア。
ちょっとしたご依頼がありまして、焙煎する次第です。
焙煎の度合は打ち合わせ完了済み。
最近、政治家が口にする”緊張感を持って”というのが気になって仕方ありません。
それは、お仕事のときは当たり前のこと。
ということで、いつものように”さて焙煎です。”↑。

気を緩める「珈琲のあるおやつどき。」にクリームパンが登場↑。気を緩める「珈琲のあるおやつどき。」にクリームパンが登場↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です