toggle
2022-11-05

我が家がケーキの父子の生活!?…

どうやら、夏物語もあったみたい。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『ウィンター・ホリデー/坂木司著』-。
元ヤンキーで、のちホストとなった。
そして現在は宅配ドライバーの沖田大和が主人公です。
彼には小学5年生でしっかり者の息子がいました。
息子と出会ったのがその夏のこと。
秋が過ぎたら冬がやってくる。
今回は、冬休みからホワイトデーまでの物語。
限定で父子の生活ができる2人の関係は、まだつづく。
さぁ冬限定の生活も紆余屈折がありました。
クリスマスにお正月、バレンタイン…。
イベントごとに小さなトラブルが発生します。
どっぷり父子の関係でありたいものの、どこか違う間柄が出てしまう。
密になるには春を過ぎるしかない!?
でも、元ヤンの男塾は小学生には教えるべきものがあるのかと…。
こういった父子の関係もありありでしょう。
息子の淹れる珈琲。
これは寒いこの季節にうってつけでした。
当然、僕も負けてはいられませんっ(笑)。

ゆーあにも通販サイトあり。ぜひ父に我が家の珈琲豆をお届けしてもらいたいっ…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です