toggle
2017-01-22

思い出すのは笠松競馬場と…

小学時代の遠足のこと-。
秋はバスで遠いところで出かけました。
ゴールデンウイークを過ぎたあたりだったかの春はと言えば、隣まちまで歩く遠足です。
笠松競馬や木曽川を渡った向こうに”すずめのお宿”ってとこにも行ったけな。
そうそう、柳津町を外周するオリエンテーリングも…。
お弁当は我が家からすぐそこの公園っておかしいでしょう(笑)。
6年生の遠足は墨俣一夜城。
歩けば、長良川の橋がやたらと長いと気づきました。
目的地の一夜城まであとわずか。
小さな小さな商店街を歩いたそこにあったのでしょうか。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士から頂戴したのは墨俣名物の皮羊羹。
墨俣町にそんな名物があるなんてまったく知りませんでした。
“昔は何軒かあったみたいだけど、今は1軒のみ。しかもおばあさんの跡がいないんだってさ”。
紳士は前日にも行ったそうですが、おばあさんが”今日は寒いから作らん”と言ったそう(笑)。
甘さ控えめな隣まちの名物は「今日」は駄目でも途絶えてはならぬっ。

秋の遠足は、養老公園に名古屋市博物館、谷汲山華厳寺などなど↑。秋の遠足は、養老公園に名古屋市博物館、谷汲山華厳寺などなど↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です