toggle
2017-12-27

怖さとかおどろおどろしさの向こうには…

先々週の水曜に大学1年生の甥っ子と会いました。
“これ、ずーっと読みたかったでしょ?”。
彼から借りたのは、『江戸川乱歩傑作選/江戸川乱歩著』。
全9編からなる傑作選は、よく聞くタイトルばかりです。
恥ずかしながら、タイトルを知るのみでした。
1日1編ならなんとかクリア。
ということで、ついに完読しましたー。
怖さやおどろおどろしさを通り抜ければ、明るい2018年が待っています。
でも、もしも甥っ子から乱歩シリーズを借りれるのならば、来年も読みましょう(笑)。
そして、「珈琲のある夕暮れ。」の紳士から1冊の文庫本をお借りしました。
来年最初に何を読むかは決定です。

トンネルを抜ければ、明るい2018年が待っているぞ、明智くん。トンネルを抜ければ、明るい2018年が待っているぞ、明智くん。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です