toggle
2021-08-04

平成の大合併で烏賊川市が大きく…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『交換殺人には向かない夜/東川篤哉著』-。
すっかり、同時進行とばかり思っていました。
今回は探偵、探偵助手、そして刑事が別のところで事件を追います。
これが、同じ時刻での行動かと思わないわけがありません(笑)。
不倫調査のため、使用人を装い山奥の邸に侵入した探偵の鵜飼。
一方、助手の戸村はガールフレンドに誘われて彼女の友人のいる山荘を訪れる。
寂れた商店街で起こった女性の刺殺事件を捜査にあたる刑事たち。
無関係に見える出来事の背景で、交換殺人は密やかに進行していた。
焦点が合うのは真ん中あたり。
それでも、最後の殺人の理屈がわかりません。
一転して、また一転。
ギャグのちりばめられた全編にもだましのトリックがある?…。

交換殺人には向かない夜/東川篤哉著
“柳津町は僕の本籍地である”。間違いないけど、平成の大合併で岐阜市になりました…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です