toggle
2021-05-29

平塚の七夕まつりが自粛モードでもっ…

ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『平塚おんな探偵の事件簿3 ライオンは子猫に夢中/東川篤哉著』-。
”ライオン”の異名を持つ名探偵のエルザと助手の川島美伽が大活躍でした?…。
今回、途中から助っ人が参戦。
それが白猫だったのか?
松崎英二という大学生の無実を証明してくれとの依頼が入る。
泥酔した松崎はサークルのマドンナこと、山野夏希の部屋で目を覚ますと…。
夏希の謎のVサインは、何かのシグナルに違いありません。
完全な密室にいたのは、英二と夏希のみ。
いいえ、白猫がいました。
実は、彼(彼女)の活躍はありません。
けれどこれより先、探偵事務所にいる白猫の活躍が期待できそうです(笑)。
奇妙な難事件に凸凹のコンビが挑む平塚ミステリー。
ライオンとライオンを操るサーカス団員、
そして2人をまとめる白猫のいる平塚にこれからもとんでもないことが起こりそう。

平塚おんな探偵の事件簿3 ライオンは子猫に夢中/東川篤哉著
ガールズトリオの大活躍。おっと、白猫は彼(彼女)でなく、彼女でしたっ…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です