toggle
2021-04-01

師匠はあっという間に抜かれる!?…

珈琲豆を求めてお母さんと一緒にご来店のイッ君。
“僕が描いた将来の夢をみて”と持参した卒園文集を広げてみせてくれました。
ひょっとして、煙突がある建物ってゆーあじゃないか?…。
きっとそうだ、うれしぃねぇ。
こーひーやさんになることを夢みるイッ君が、
ピカピカの小学1年生になりました(笑)。
そして、通学路がゆーあの前の道。
”行ってらっしゃい”に、”お帰り”。
元気なイッ君の姿が見られます。
さぁ、師匠となるであろう僕は焙煎の日々。
威厳のない師匠ではありますが、よろしくっ(笑)。

イッ君の夢
煙突のあるカラフルな建物の中で、僕は”さて焙煎です。”…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です