toggle
2017-01-10

岐阜から京、そして会津へ?…

旅のお供に、栗蒸し羊羹です(笑)。
なんて、ずーっと岐阜にて「珈琲のあるおもてなし。」。
それでも旅愁を感じました。
会津の栗蒸し羊羹旅愁。
もう一度言いますが、岐阜にいながらにして旅の気分です。
竹皮ごと輪切りにしたころが、どこぞの宿か。
まるごとの栗のさぞかし驚きましょう(笑)。
お休みの明日は1時間半くらいのハイキングコース。
しかしながら、旅のお供はすでに前日、お腹の中へとGo!でした。

ラッパの如く、もぐもぐとお腹へと歓迎するのが我が願望↑…。ラッパの如く、もぐもぐとお腹へと歓迎するのが我が願望↑…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です