toggle
2016-03-16

小鳩くんが”ココア”を解いたとしても…

小市民になりたいと思う2人の高校生。
『春期限定いちごタルト事件/米澤穂信著』を完読しました。
季節もぴったりでしょ?…。
高校生活がはじまった小鳩くんと小佐内さん。
彼らは中学時代とは想像もつかない目立たない性格となりました。
“なる”のではなく、演じているのかもしれません。
小市民が奇怪な事件を解くのはおかしくはありませんが、おかしい(笑)。
感情を全面に出さないシュールな探偵物語です。
どうして堂島くんは器を濡らさないでココアを3杯も作れたのか…。
その謎を僕は「珈琲のある読書。」で解決するのです↑。
いちごタルトの次は、トロピカルカフェ。
夏期限定のデザートを先取りしましょうか。

ゆーあで「黒糖ココアのある読書。」を過ごしませんか(笑)。ゆーあで「黒糖ココアのある読書。」を過ごしませんか(笑)。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です