toggle
2017-01-23

完読もごちそうさまって意味でしょ!?…

“映画の原作だけど読みますか?”とは、毎度「珈琲のある昼下がり。」の紳士からのメールです。
返信はもちろん、”喜んで”。
“では近日に持参します。ところで今回は次の予約もありますのでお早めに”…。
ということで、先週ゆーあに到着したのが『ファミレス/重松清著』です。
間もなく上映する『恋妻家宮本』の原作じゃないですか。
待っている人もいる、しかもロードショーの前に読まねばならぬ。
どこに行くときも、持ち歩いて頁をめくっていよいよ本日のお昼休みに完読でした。
「ファミレス」ってファミリーレストランの略ですが、ホントは「ファミリーレス」だった?
それを完全否定するために、登場人物全員が奮闘します。
お腹に歓迎すべきものをもっともっと歓迎したいと思わせるのは、重松清の表現ならでは。
原作のハッピーの象徴は、”ごちそうさまでした”。
果たして、映画では夫の手料理は登場するのでしょうか。
なんとなく、登場しない気がして仕方ありません。
ということは、離婚届の行方も違ってしまう?…。
“やぁ、読んだ?”と、絶妙なタイミングで紳士がご来店。
ファミレス談義したことは言うまでもありません。
もちろん、フリードリンクではなくて「珈琲のある昼下がり。」の談義です(笑)。
いつもより、早めの完読。
ごちそうさまでしたっ↑。

コージーはカナダで和のビジュアルバンドでメジャーデビュー!?…。コージーはカナダで和のビジュアルバンドでメジャーデビュー!?…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です