toggle
2019-12-11

季節外れの野菜は鍋に合わない!?…

大根や白菜に春菊…。
旬の野菜は葉ものが主流です。
でも初夏だとキュウリとあれ。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本を完読しました。
『感染領域/くろきすがや著』-。
トマトが枯死する病気が九州地方で流行りました。
流行はあっという間に、四国や中国地方にも広まる。
帝都大学の植物病理学者の安藤仁は、農林水産省に請われ現地調査を開始。
そんな中、トマト製品の製造販売会社の研究所に勤める旧友が、
謎めいた事件に巻き込まれる。
別の事件かと思われたが、すべては関連していた。
日ごろ、食卓に並ぶべき野菜を利用した企業買収を目論む輩。
彼らと対峙するには、世間から注目されないはみ出し者です。
でも、はみ出し者が表舞台に立ったなら今ごろ、ノーベル賞を受賞しているかも…。
天才ハッカーのモモちゃんは最強の助っ人でノーベル賞受賞候補の筆頭です。
彼の淹れた馥郁たる珈琲をコンピューターだらけの部屋で味わってみたい?…。
さて、今夜は鍋料理。
鶏肉がメインでわき役に白菜と春菊が登場します。
やっぱりトマトは季節外れか。

感染領域/くろきすがや
旬の野菜が食卓に並ぶ贅沢。でもキュウリやトマトが恋しいときもある。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です